© MAD3

  • White Flickr Icon
  • White Twitter Icon
  • White YouTube Icon

June 15, 2018

September 14, 2017

2017年10月1日(日)

下北沢シェルター

OPEN 19:00 / START 19:30

ADV¥3000 / DOOR¥3300

【発売日】9/2〜

ぴあ・LAWSON・e+・SHELTER店頭

10/1(日)下北沢シェルターにてワンマンライブを行います!
 

昨年のMAD3再始動から一年。
想像以上に素晴らしい音を奏でる新たなメンバーと、新たな命を吹き込み、大切に再構築してきた新生MAD3。
懸命に、誠実に、ひたむきに、理想の音を追求し、一音一音に魂を込めて作り上げたアルバム「GUITAR HERO」。
 
私のことをギター•ヒーローと呼んでくれた人たちへ、その気持ちに応えるべく、その言葉に偽りのなき事を証明するため、そしてすべてのロックンロール•ギター狂へ捧げる作品。
わたしのロックンロール人生で初めて「聞いてくれる人に喜んでもらおう」という、愛情を持って作り上げた作品。
ロックンロールを愛する人々に、必ずや狂喜乱舞して頂けると断言する!
 
そのMAD3ニューアルバム「GUITAR HERO」のレコ発のワンマンライブを10月1日(日)下北沢シェルターにて行います!
 
発売日の10月11日(水)先駆けて会場にて先行発売致します!
 
そして、奇しくもこの日はシェルターの26回目の誕生日なのです!
シェルターのオープン時から出演していたので、誕生日に立ち会ってライブが出来るなんて、
こんなにうれしいことはありません。
 
しかも、ゲスト...

Please reload

PROFILE

NEWS

 ハリウッド映画「キルビル」に出演し、世界的規模のリスペクトを受け活躍中のTHE 5.6.7.8’s元メンバーで、伝説のギターヒーローと呼ばれてきた“EDDIE LEGEND”が’89に結成したガレージ・パンク・インストゥルメンタル・グループMAD3。

 '92年にニルバーナに影響を与えた事で知られるグランジ•バンドMUD HONEYの来日サポートを勤めたのをきっかけにオーストラリアのレーベルより7インチEPを発表し、その後’96年TIME BOMBレーベルよりファースト・アルバム『JACK THE VIOLENCE』をリリース。2000年に、midiよりアルバム『ROCK'N'ROLL KINGDOM』をリリースし、メジャーデビューを果たした。

 その間約20年に渡りアメリカ、イギリスをはじめヨーロッパ各国でツアーを敢行し、音源をリリース。後年はCHAOS U.K.のギタリスト、GABBAのサポートを受け、THE CRAMPS, DEAD KENNEDYSなど、実に様々なアーティスト及びメディアより絶賛を浴び話題を集める。

 その音楽性はサーフ、パンクからプログレに至るまで実に幅広いロックを"インスト"のみで深化させた、正にロック版UMAとも呼ぶべき唯一無二のスタイルで、聴く者の意識に壮大なロックンロール王国を顕現させる。

 EDDIE LEGENDはソロ活動を含め今までにTHE DAMNED, CHRIS SPEDDING, THE ZOMBIES, LEW LEWIS, THE BOYS, THE CHORDS, MENACE, EDDIE & THE HOT RODS, REAL GOODS(DR.FEEL GOOD), THE ADVERTSといったロックの偉人たちと共演し、数々の伝説を残してきた。

 そして’16に活動停止から8年の沈黙を破り、新メンバーを迎え圧倒的な演奏力と洗練されたパフォーマンスで、オリジナルを超えた形で見事復活したMAD3!

そして新たな姿へとメタモルフォーゼを遂げたバンドの「過去、現在、未来」の姿を写真で綴った、ヴィジュアル•ブック付きの、3曲入りCDシングル“GUITAR OF THE DEAD”をリリース。

 今年1月14日より渋谷HUMAXシネマにて公開の、日本のガレージ•シーンのドキュメンタリー映画「GARAGE ROCKIN CRAZE」に出演し話題を集め、今後はインストならではの音楽性をフルに発揮し、映画のサントラやアニメの音楽を手掛けていくことを目標に日々邁進している。

「過去があるから今があり、そして未来へ続いてゆく」MAD3の歴史はまだまだ続いて行く。
新生MAD3は史上最狂に深化することを約束しよう。

 
 
EDDIE/Guitar
ITARU/Bass
TAKICHI/Drums